居抜きとは?

テナント物件の中に「居抜き物件」「居抜き店舗」という言葉をよく目にすると思います。これは閉店する側・新規で契約する側両方にメリットがあります。ここでは「居抜き」についてご説明いたします。


1.「居抜き」店舗物件とは

こんな時代だからこそ、居抜き店舗を
お店を新規で出店したい方は、「出店のコストを抑えたい」・「出店時コストを一日でも早く回収したい」・「ランニングコストを抑えたい」など、「コスト削減」を気にされていると思います。そんな時代だからこそ、店舗業界では「居抜き物件」が注目されています。
現在流通しているものには居酒屋、レストラン、カフェなどの飲食店の居抜き店舗の物件が多く、ヘアサロンやクリニックなどの商業物件も最近では出回り始めています。

「居抜き物件」や「居抜き店舗」とは、店舗内の内装・備品が残っている状態を言い、飲食店、物販店を問わず不動産業界全体で使われている言葉です。「内装付きの店舗物件」という表現も、同じ意味で使われます。
飲食店で独立、開業を考えている方にとって、少ない初期投資と工事にかかる時間が短縮できることで開業準備期間が短くて済む居抜き店舗は絶好の物件です。


2.「居抜き」物件について

どこからが「居抜き」なのか?
「居抜き」とは、一般的には、床・天井・壁・厨房・お手洗など、店舗内の主要設備が残っている状態で、「今すぐにでも開店できるような物件」のことを言います。 しかし、物件によっては、「床・壁・天井だけあります」、「厨房だけあります」というように、「内装が一部だけ残っている」という場合でも「居抜き店舗」と使ったりします。(その場合は 「一部居抜き」 といった表現をすることが多いです)

3.物件の基本は「スケルトン」

「スケルトン」とは?
「スケルトン」とは、店舗内の床・壁・天井・内装などが何もない「建物の躯体だけの状態」を指します。(コンクリートの打ちっぱなしの状態とご想像ください)

スケルトン渡しのスケルトン返し

店舗物件は、「スケルトン渡し+スケルトン返し」が基本なので、「居抜き」物件の取引は、原則からは外れています。しかし、せっかく内装が残っているのであれば、わざわざ壊さなくても・・・と思われる方も沢山いらっしゃいます。

そのため、「建物の所有者」、「閉店するテナント」、「新規出店するテナント」の3者が合意している場合に限り、「居抜き」物件の取引をすることができます。


4.居抜き物件と造作譲渡

「造作譲渡」とは?

「居抜き物件」・「居抜き店舗」と言っても、内装設備を無料でもらえるとは限りません。
閉店するテナント様の中には、「解体となると費用がかかるので、無料でいいからそのまま引き取ってほしい」と思われる方もいらっしゃいますが、一方で「内装や備品もまだ綺麗だから、売れないかな?」と思われる方もいらっしゃいます。

「造作譲渡」とは、そのように内装設備を売買する事を指します。